高機能化した風呂場の故障は水道工事へ

水道が引かれている設備はいろいろとありますが、1回で大量の水を消費する場所になるのが風呂場です。シャワーが取り付けられているところも特徴的です。混合栓の部分で温度調節ができる蛇口もあり、高機能なものが増えています。快適に使用するためにはメンテナンスや点検が定期的に必要となります。

■センサーやサーモスタットが修理を難しくする

風呂場には、さまざまな設備が追加されています。特に重要なのは、シャワーと蛇口で、そこにつながる給湯器です。シャワーは常時使えるようになり、蛇口はセンサーもつき、安定した温度で利用できることが一般的になりました。センサーが取り付けられることで、便利になった一方、故障したときは修理が複雑になっています。
サーモスタットがついているものも多く、温度の維持が簡単になりました。その分構造は複雑で、水漏れしたらパッキンの交換も難しくなっています。温度調節ができなくなる場合あります。

■給湯器との関係

風呂場では、使用するお湯が適切な温度で利用できなければ意味がありません。ぬるかったり熱かったり安定していないと使いにくい状態です。適切な温度設定をしていても、浴槽のフィルターが詰まっていたりすると起きます。本来はすぐにお湯が出てくるはずはが、なかなか出ない場合も問題が隠れている証拠です。
何が原因でトラブルが起こっているのか簡単に判断できない状況も多く、給湯器の故障である可能性までも考えなければならない状態は、素人が解決することは難しいです。水道工事会社に依頼して、修理することも大切ですが、できれば定期的に点検をすることが大切です。高機能になればなるほど、知識と技術が必要で、部品も特殊になるからです。

■まとめ
風呂場の設備は、どんどんと高機能になったおかげで、修理も難しくなりました。部品も特殊なものが出てきており、ホームセンターで手に入れても、交換が容易ではないこともあります。セッティングが正しくなければならないものも多いため、無理をしたりせずに水道工事会社に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ