給水や排水に関わる水道工事

家庭で水を使う場合、給水を意識しますが、排水も当然あるべき施設です。水を使えばどこかに排水します。垂れ流しにすることができない以上、両方そろえてはじめて機能することになります。

■給水は水道本管との接続が必要

水道を使うためには、給水管を引きこむための工事が必要となります。屋内には配管工事が別で必要です。2つセットではじめて水が使えます。
工事をして引きこむことになりますが、給水は地下に配されている水道本管から分岐するためにおこなわれます。工事として分けられていますが、本管からメーターまでの間が引き込み工事の範囲です。これをおこなうためには、水道局指定工事店でなければいけません。公的な設備に接続する以上、確実な手法と他者への安全性の確保も必要だからです。
水道管から引きこんだだけでは、家の中で水が使えません。必要な場所に分けるためには、配管工事が必要です。メーターから屋内の部分が配管工事です。

■下水本管に接続する

使った水を流すための排水管は、下水本管につながります。流すだけと思いがちですが、下水本管も公的な設備であり、適切な方法でつながなければいけません。勝手につなげることはできず、やはり水道局指定工事店出なければ施工できない内容です。
給水管でも同じですが、認可を受けたところでなければ作業はできません。上水と下水は内容も異なるため、これまで別のところがおこなってきました。しかし、最近では同じ会社が施工することも増え、利用する側としてはワンストップで相談できることで便利になっています。

■まとめ
水道に関する施工は、勝手に手を付けるわけにはいきません。周囲の安全性の問題もありますが、なにより簡単にできることではありませんし、資格も必要です。技術も知識も必要な内容で、すぐにできることでもありません。水道局指定工事店なら安心して仕事も任せられるため、新築などで引きこまなければいけないときには、連絡してみるのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ