水道工事の施工前には見積もりを

水道の工事は、簡単なことから難しいものまでいろいろとあります。契約した内容で工事会社が施工しますが、そのためには見積もりが必要です。施工内容と合っているのかもしっかり確認しなければいけません。

■何をするのかがわかる見積もりの内容

見積もりとは何かといえば、目的のために一体なにをするかを表したものです。工事の内容も示していますし、修理するために何を使うのかもかきこみます。その内容に対して金額もかきこまれるため、施工内容が適切な金額でおこなわれるかどうかを判断できる材料です。
水道工事の場合、緊急であっても応急処置をして、見積もりを作成します。依頼する側でも、見積もりが出ていない段階で修理をさせると、金額で折り合いがつかない可能性が出ます。これでは、目的が達成されないことも出てきますし、金額に不満が出る場合もあるため、必ず見積もりを交わしてから作業に入るのが鉄則です。

■見積もりは内容がわかるように

見積もりは、焦って作るものではありません。緊急だったとしても、水道工事の場合には、応急処置から原因を調査し、なにが必要なのか判断できる時間を作ります。なにが必要なのかわからないといったことはなく、必ず必要なものを割り出し、適切な工事を進めるのがプロの仕事です。
見積もりの中でも、すべて含めるという意味で一式を使う場合もありますが、これでは中身がわかりません。なにを使い、どんな作業をするから、いくらになるというのが見積もりの目的です。はっきりと内容をつかむのが、お互い納得のいく施工にする大事な工程となりますので、内容を確認することも必要です。

■まとめ
水道工事には、いろいろな内容の仕事があります。目的も修理だけではなく、新設も含まれるため、多岐にわたります。いろいろな仕事を依頼することも出てきますが、見積もりをしっかりと交わし、納得できる施工にすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ